包茎で悩む愛知男性の愚痴TOP

包茎を気にして生きるのが辛い

+++---+++

やはり剥けていないのは気になります。僕も長いこと気にしていました。自分が包茎だということに割と早く気がついてしまったので、それ以来ずっと気にしながら生きてきました。 知らぬが仏という言葉がありますが、本当に気がつかなければどんなに幸せだっただろうと思います。見なければ平気だとは思いながらも、トイレや風呂でついつい確認してしまうし、パンツの中にしまうときもわざと剥いてからしまって、次に見るときそのまま剥けていることを祈ったりもしてしまうのです。なのに、一度も剥けて出てきたことはありません。むなしい話です。


包茎がずっと気になっていたと言っても、機能的に何か大きな問題があったというわけではありません。ただ、見た目がコンプレックスになっていただけです。しかし、だけとは言っても、気にし始めたきっかけが悪すぎました。初エッチの相手に剥けていないことを思いっきりバカにされたからなのです。 それ以来、女性の前で脱げなくなってしまいました。その間十数年。トラウマになっていました。だから、初エッチが早かったくせに、その後が何も無いまま年だけ取りました。しかし、このまま30を迎えるのはさすがにやばすぎます。いい加減、この状態は何とかしようと思いました。

愛知のベトコンラーメン

+++---+++

愛知の食べ物というと、どうも「=名古屋めし」と思われがちですが、何か忘れちゃいませんか?と僕は言いたいですね。それは一宮発祥の「ベトコンラーメン」のことです。あの辛さ、あのうまさ、あのボリューム、一度食べたらクセになります。 ベトコンラーメンの名前の由来は、もちろん「南ベトナム民族解放戦線」……ではなく、「ベストコンディションラーメン」の略なんです。丸ごとのニンニクがゴロゴロ、モヤシとニラがどさっ。これでベストコンディションにならないわけがないだろうと言うほどの最強ラーメンなんですが、あれを「うまい」と思えるようになったのは、実は大人になってからなんです。


実家の近所に発祥の店があるので、子どもの頃からよく親に連れられて食べに行っていましたが、あれは子どもが食べられる辛さではないので、いつも普通のラーメンか炒飯でした。普通のラーメンや炒飯もおいしかったので、わざわざすごく辛そうなベトコンにチャレンジしてみようとは思えなくて、結局ベトコンデビューしたのは17の時でした。部活の仲間と行って初めて食べたのですが、辛いだけではなかったので、それまで食べなかったのをすごく後悔したのを覚えています。 新京はベトコン以外にもゲソカラがおすすめです。本当に絶品です。僕はトリカラよりゲソカラを推します。のれんわけしたお店も多いようなので、ぜひ一度食べてみて欲しいです。

包茎との決別

+++---+++

初エッチのときに、剥けていないことを思いっきりバカにされて以来、女性の前では脱げなくなりました。だから、もう十数年の間、女性を相手にエッチはしていません。もちろん、男性相手にしたという意味ではなく、オナニーしかやってないという意味です。しかし、さすがにこんな状態で30を迎えるのは自分でもやばいと思いました。 もし剥けた状態で30を迎えられれば、自信を持ってエッチできるし、他の事にも自信が持てるんじゃないかと思い始めたのが1年くらい前。それで真剣に包茎手術を考え始めたのが今から8ヶ月くらい前です。どこで受けるとか決めていたわけではありませんが、漠然と「やっぱ受けなきゃ」と思い始めたのです。とは言え、余分な皮を切って縫うというのは、考えただけでも怖いです。だから、その気になるにはかなり勇気が要りました。


きちんと気持ちが固まったのは、名古屋駅の太閤通り口を出て何分か行ったところにある「本田ヒルズタワークリニック名古屋院」のホームページを見てからでした。仮性包茎なら多くの場合切らずに治せるというという言葉にかけたのです。切るか切らないかはかなり大きな違いです。痛さも雲泥の差でしょうし、いろいろなことを我慢しなければならない期間がまるで違います。もちろん、カウンセリングを受けてみなければ切らないで治療できるかどうかはわかりませんでしたが「切らない」という言葉を見つけただけで気持ちはもう剥けたつもりになっていました。 電話でカウンセリングを申し込んでから実際に受けに行くまで1ヶ月くらいありました。その間に気持ちがぶれるかと心配しましたが、意外と大丈夫でした。逆に言うと、それだけ大きなコンプレックスになっていたと言うことです。


当日、カウンセリングを受けに行ってみると、受付の人もドクターもみんな男性で、他の病院みたいに待合に患者が何人も待っているようなことはありませんでした。ホームーページに書かれていたことだから当たり前だけど、実際に見ると不思議な感じでした。受付もドクターも自分のためだけにいるなんてことは初めての体験だったからです。 カウンセリングの結果、切らない治療を勧められました。勝手な想像で既に切らない治療済みだったくせに、本当に切らないで治せるとわかったときはホッとしました。カウンセリングのすぐ後にそのまま治療を受けたのですが、カウンセリングにかかった時間と比べると、実際の治療はあっという間でした。体験談であっという間だと書かれていたので予想はしていたのに、実際に受けてみると驚きます。この数分ですべてが変わるのだから、悩んでいた時間は本当にもったいなかったと思いました。

本田ヒルズ 名古屋院について

+++---+++

本田ヒルズ 名古屋院

総院長:本田昌毅
住所: 〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町14-12 セントラルWESTビル5F
電話: 0120-84-0836
JR「名古屋駅」徒歩5分。
名古屋高速「名駅出口」車で10分


切らない包茎治療はこちらから